山の向こうに

アクセスカウンタ

zoom RSS 城を見る旅〜3018年4月6日 鳴門から琴平・高知

<<   作成日時 : 2018/04/16 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ホテルで朝食を済ませて外に出ると、強い風に吹かれた桜の花びらが吹き溜っている。
画像

画像


JR鳴門駅から「JR鳴門線徳島行き」に乗り池谷駅で「JR高徳線 特急うずしお8号高松(香川県)」行きに乗り替え栗林(りつりん)駅で下車。

栗林公園から「ことでん琴平線 琴電琴平行き」に乗り琴電琴平駅まで。
画像


電車から降りると雨と強風が待っていた。
天気予報通りだが…歩き始めると傘が壊れそうになる、すでに壊れてしまった人もいてさ先が思いやられる。

画像


琴平神宮に向かって歩き始めるが、家内の折りたたみ傘が破壊されそうでビニール傘を買う。

以前、串本で傘を開いた瞬間台風並みの暴風雨で骨が折れ観光を断念駅と観光案内所で数時間過ごした経験がある。

風に煽られながら進むと、石段の登りが始まる。
話に聞いた駕籠屋さんがあるが利用する人もいなそうだった。

それにしてもさほど広くない石段をどう登るのか見てみたかった。
画像

画像


急な石段を登り始めると「金比羅船船追い手に帆かけてシュラシュシュシュシュ♪」の歌にある金比羅大権現が金刀比羅宮に変わったいきさつが書かれた立札があった。
画像


さらに石段を登る、風も静かになったが雨は相変わらず降り続いている。
画像

画像

画像


石段はいったい何段あったのか分からない(調べたら本宮まで785段でした)。
雨は降ったりやんだり途中いくつもの建物・鳥居を見ながら本宮に着いた。
画像

画像

画像


出発前に調べていた奥社までは時間の都合で登らなかったのが少し残念。
雨はうっとおしいが木の実緑と桜の花の色がより濃くて目を楽しませてくれる。
画像

画像


石段を下って土産物屋を通り、ことでん琴平駅に向かう途中から凄い人だかりの向こうにお囃子に合わせて何やら行列が・・・すっかり忘れていたがガイドブックに金丸座で「四国金比羅歌舞伎大芝居」があると載っていた。


明日7日から始まる芝居の「成功祈願お練り」と云う事だったがすでに通りいっぱいの人垣で見えず写真も撮れず何より大事なのはJR琴平駅を探して高地に向かわなければならない。

役者さんは、歩いてくるのか山車に乗ってくるのか分からないが、それが通るために開けられた真ん中を急いで通り抜けことでん琴平駅で預けたザックを背負いJR琴平駅に。
画像


駅に着くと予定していた14時59分発JR土讃線特急南風13号宿毛行きに乗り16時39分高地駅に着いた。

「今から行っても何も見られないよ」と言われながら桂浜行きのバスに乗り…桂浜と大きな坂本龍馬を見てきたが確かに車で来た人数人がいただけでした。
画像

画像


ホテルに着いてからはりまや橋周辺をぶらぶら…小さなはりまや橋の上を見上げるといるの壁に「かんざし」と書いてあったが売っているのか確認はしなかった。
画像

画像

画像

画像

夜は居酒屋で…鰹のたたきがとても美味しかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
しんおすけさ〜ん、お久し振りで〜す!

あれまぁ〜 こ4月に四国にいらっしゃってたのですね〜
年賀状に今年、四国に行く予定って書いてあったので勝手にこちらできっと石鎚山や剣山に登られるためかと思っていたのです(汗)

鳴門の渦潮や金比羅山だったのですね〜
あぁ〜お逢いしたかったですね〜〜
北海道で本当にお世話になったので、石鎚山や剣山にはご一緒したいと思っていました。

ところで四国の旅の続きはまだあるのでしょね〜
カラッチ
2018/05/19 16:57
しんのすけさんの間違いでした〜
カラッチ
2018/05/20 11:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
城を見る旅〜3018年4月6日 鳴門から琴平・高知 山の向こうに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる