三段山 3月22日

今年初の三段山、天気もまあまあサングラスを掛けてきもちよく山頂を目指す。 30分ほど登ると山頂が見え(滅多に見えることはない)数人の人と山頂の標識がはっきり見えた。 大雪の山もきれいに見えた。 山頂付近はガリガリだ。 今日の山頂は十勝岳並みの強風で写真を撮るのも大変だ。 十勝岳と前十勝の噴煙。 富良野岳 下の方…

続きを読む

4月1日 チトカニウシ山(1445.8m)

久しく登っていなかったですが、3度目になります。 前日も近くの山を8km歩いて、家に戻ってから日が暮れるまで除雪をして少し腰に違和感があったので「行きたくない」と言ったのですが、家内がどうしても行きたいと云うものですから腰にコルセットをして登ってきました。 我が家は、朝起きてから準備をしたので駐車場に着いた時は10時で3台の車が止まっていた。 割と早く準備完了、10時20分出発…

続きを読む

2月11日三段山

1月10日に、三段山を目指しましたがホワイトアウトと山頂側から強風が吹き降ろして目も明けていられない状況であと30分くらい頂上と言うところで撤退。 その後も天気が安定せず、低山で遊んでいましたが、前日10日にカメラを持って安政火口まで行き夕日の時間まで楽しんできました。 さて11日はと言うと出発時から太陽が見えない、高度を上げるにつれてまたもやホワイトアウト。 やがて人影も少なくな…

続きを読む

8月5日高原温泉~緑岳~小泉岳~白雲岳

今日の旭川は猛吹雪ですが… 中々天気の良い日が無く、平日に単独登山。 花の季節も過ぎましたので、写真を撮るという気合も入らず畑仕事の疲れを取りにひたすら歩くことに専念。 第一花畑、第2花畑付近は残雪が遅くまで残るのでチングルマなどの花が見える。花の季節が過ぎた平日、登山者が少ないです。緑岳の下りからトムラウシ山方面。 温泉で汗を流して…畑の草取りに精を出さねば。

続きを読む

今年3度目の十勝岳山頂・11月11日

5月3日、6月12日と登って今回で今年3度目です。 今年は雪が降る毎日で、9月末から積雪状態。おまけに晴れの日がとても少なくて久々の晴れ間に登ることができました。 > スキーやスノーシューで10人余りの人が、望岳台から登りましたが山頂まで登らずに途中から初滑りを楽しんでいる人もいたので多分山頂まで登ったのは5人くらいでしょうか。 下山するまで、天候に恵まれ最高の一日…

続きを読む

7月15日~19日南アルプスの旅その4

7月18日 甲府駅横のコンビニから登山靴、ザック等を宅配で自宅に送り電車で河口湖に向かう。 河口湖のホテルに泊まり、翌日の昼頃まで観光です。 河口湖駅から湖畔のホテルまで歩くのだが、疲れている足が悲鳴を上げている。 ホテルにチェックインして、44年前強風で乗れなかったロープウエー乗り場に行くと外国に観光客でごった返し。 階段はもちろん長いギョーレツ、足が疲れているので手すりに…

続きを読む

7月15日~19日南アルプスの旅その3

7月17日 目が覚めてテントから顔を出してみると濃いガスでかなり視界が悪い。 濡れて重たくなったテントを背負って何も見えない「北岳」目指して出発。 見えるのは殆ど足元だけ、ぞろぞろと大勢の登山者が歩くので何の不安も無いが昨日の夕焼けからすればかなり寂しいものがある。 我が家の後ろを歩いている若者が「高山病大丈夫か?」ともう一人に声をかけている「大丈夫です、バスの中でザックを抱えて…

続きを読む

7月15日~19日南アルプスの旅その2

7月16日 甲府4時35分発広河原行きのバスに乗るために3時起床。 正直なところ、いくら混み合うといっても殆ど待っている人はいないだろうと思いながら1時間以上も待つのはいやだなーと思いつつ7~8人立っているバス停へ。 着いてみてビックリ、その後ろに数え切れないバスを待つ人の行列。 やがて係りの人が人数を数えている、バスは5台で何やら数を区切っているような嫌な予感。 予感的中!!…

続きを読む

7月15日~19日南アルプスの旅その1

いまさらですが…雪の季節になりアウトドアの遊びも、家庭菜園も落ち着いてきましたので遊びの記録など。 7月15日旭川空港から出発我が家の上は飛ばなかったのですが空から十勝岳見ることができた。 羽田から電車を乗り継ぎ14時過ぎに交付に到着、駅から出ると武田信玄の像があったので早速記念撮影って銅像だけ! 早速ホテルにチェックインと思ったが、会員以外は16時からとか言われてザック2…

続きを読む

十勝岳 5月3日

火山活動が活発なのか雪が一面硫黄で黄色く染まていた。 アイゼン、ピッケルの装備でしたが、気温が高くピッケルの出番はなかった。 ここ数年冬の十勝岳に登っているが雪が黄色くなっているのは初めてだった。

続きを読む

今朝目が覚めたら何やら天気がよさそうで…十勝岳避難小屋周辺

全く予定していなかったので、普通に朝食を食べて食器を洗って朝食後のコーヒーを飲みながら「山に行ってくるかな」と云うことで家内は仕事、私は急いで山の準備。 いくら近いとは言っても食料を調達して登山口についたら10時過ぎだった。 快晴とはいかなかったが、青空も見えて気温は高過ぎ…だったですが7時くらいから登り始めれば滅多にないコンディションで山頂に立てたと思うと少し残念。 単独と準…

続きを読む

3月20日 士風山(646.1m)登山

友人のお誘いで、士別市武徳町自治会が主催する登山会に参加してきました。 35年続いた登山会も、役員さんの高齢化等で今回の登山で最後となったそうです。 風は冷たかったですが時折日差しもありまずまずの天候、2時間弱で山頂でしたが眺望もよく元気な子供たちと10年ほど前に時々一緒に山に登らせて頂いた方々と思い出など話しながら楽しく登りました。 山頂で集合写真を撮った後「仲間と一緒に撮りまし…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.28 最終日

前日一通り見学したので朝はのんびりホテルで朝食。 登山靴など不要なものと、お土産をホテルから宅配で送ってもらう。 コインロッカーにザックを入れて金券ショップへ新宿までの切符を買いに行く。 旅行をしていて苦労するのは、出入り口がわからなくなる。コインロッカーの場所がわからなくなる JRのみの、駅はとても分かりやすくて安心だ。 駅前をぶらぶらして特急「あずさ」の切符を購入。 昔「…

続きを読む

音江山(795.6m)

久しぶりに音江山へ行ってきました。 広く除雪された砕石工場の駐車場に車を止めて、除雪のされていない道をしばらく歩くと登山口がある。 天気は良かったですが、気温はあまり上がらず堅雪の上に10センチほど積もった雪が滑りやすく急斜面の登りにてこずる。 山頂まで300m付近で学生らしき集団に出会う。 風は冷たかったが山頂は展望が効き、芦別、滝川、深川が良く見えた。先ほどの若者は、知り…

続きを読む

神居古潭・神居岩

予定では、高度の高い山に登る予定でしたが家内の風邪が治らないため単独登山。 万が一を考えて、遠足程度の山にしました。 遠足程度というのは夏の話で殆どが急斜面で決して初心者向きではないです。 トレースもありましたが、エゾシカの獣道と、クライマーのアイゼンで歩いた道にハンターのスキーの跡でした。 出会った人は、ハンター1名。 写真では普通に見えますがかなりの急斜面です。頭上に覆…

続きを読む

「三段山」1月24日日曜日晴れ

今年初めての登山です。 朝起きて朝刊の天気予報を見ると、午後から晴れマークがある。 今年に入って近くの山に登ったくらいで全く登山の準備をしていなかったので「さーたいへん」と言いながら普通に朝食を済ませ、登山口に着いたのは10時過ぎ。 慌てたので玄関に置いてあったスノーシューを忘れて「白銀荘」スノーシューを1台500円でレンタル。 出発は11時になった。 「13時になったら下…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.27上高地から松本まで

去年を引きずっていますが("^ω^)・・・ 小梨平キャンプで、さわやかな朝を迎える。 朝食前に、カメラを持ってバスターミナルまでバスの時間確認にぶらぶらと歩く。 家内はキャンプ場で朝食までのんびりと…決して体調が悪いわけではなく早起きが苦手。 すがすがしい朝の梓川のほとりを歩き、バスターミナルまで往復して朝食をとってテントを片付けてバスターミナルへ…。 バスターミナル横の荷…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.26 北穂高岳断念

モルゲンロート もっと赤くなってほしかったが天気が良いから「満足」 寝心地が悪くて少し暗いけど起きてしまった。 前日の朝気が付いたのだが、エアーマットに穴が開いたようで空気が少なくて背中にごつごつ当たるのだ。 夜明けを楽しみながら朝食を作る。 「ご飯で来たよ」・・・(家から出ると私が食事を作る) 「食べたくない」・・・ 「なんで?」 「気持ち悪い・・・昨日の夜も全部吐いて…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.25 奥穂高岳

まだ暗い時間に、人の声がするのでテントから顔を出してみるとヘッドライト列が穂高山荘に向かっている。 3泊目の朝は涸沢カールのテン場で迎えた。 1泊目2泊目と雨だったが、とてもよく晴れていてテンションが上がる、山頂からの展望が楽しみである。 朝食と、行動食のごはん(私はコメのご飯が無いと安心できない)を作り6時30分と普通の時間に出発。 涸沢小屋の前を通り登山道へ、右手に涸沢槍…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.24  徳澤から涸沢まで

雨も小降りになり、雨で重くなったテントをたたみ8時過ぎに出発。 梓川沿いに車も走るのかな…広い道路を歩き始める。 ガスがかかっていて穂高の山々は見えないが、雨で増水したであろう梓川の流れは澄んでいて同じ目標に向かう人も多く不満足な要因は全くない。 様々な花はあるが、よく分からないので花の名前は省略。 徳澤ヒュッテから約1時間で、横尾に到着すっかり雨も上がり(雨具は途中で脱いだ)天…

続きを読む

アップロード怠けています

怠け心から?フェイスブックにばかり書き込んでいます。 画像を用意するのですが中々アップには至りません。 登山の写真だけでも・・・ 7月25日、涸沢より奥穂高岳登頂。 翌日北穂高岳に挑戦する筈だったのですが家内の体調が思わしくなく(頭痛)夕食と翌朝の食事がとれなくて北穂高岳は諦めて上高地観光。 9月21日、羊蹄山 車中泊をしながら行ってきました。 10月16日アポ…

続きを読む

大雪山今年の紅葉…9月15日

今年は変わりやすい気まぐれ天気で登山も大変だ。 フェイスブックに紅葉情報がリアルタイムで入ってくる。とは言っても今が良いからと言う訳には行かないので翌日張り切って出発。 4時に起床して旭岳温泉駅6時30分発のロープウエーに乗る。平日ながら始発とあって100人乗り(だったと思う)のロープウエーはあっという間に満員。 眼下の樹林は白いダケカンバの幹とウラジロナナカマドの紅葉が例年に…

続きを読む

早くも9月ですが・・・8月22日に高原温泉から緑岳

8月も雨の日が多く天気の良い日は畑仕事でした。 8月22日、高原温泉から白雲岳に行く予定で家内と登山。 久しぶりなのに、雨は降らないものの殆どガスの中。 登山者もまばら、緑岳山頂で昼食を取った後小泉岳に向かうが濡れるほどではないが小雨が降って来て引き返す。シラネニンジン タカネトウウチソウ ヤマハハコ 緑岳山頂 レブンサイコ 花が終わったチョウノス…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.23

朝から小雨、駅までは近いのですが前日苦労したこともあって朝食キャンセルしてチェックアウト、ホテルから5分程歩いてタクシーに乗る。 新宿駅南口でタクシーを降り高速バス乗り場があったので「さわやか信州号」の乗り場を聞くと前の道路を横断してビルの反対側にあるバスターミナルに着く。 7時20分発、上高地バスターミナルまで4時間半ほどのバスの旅です。 このバスは長距離を走るのですがトイレが付…

続きを読む

上高地へ6泊7日の旅 2015.7.22

昨年から計画した割には細かな計画が出来ていなくて…決まっていたのは札幌から羽田までの往復の往復の飛行機と新宿から上高地までは高速バス「さわやか信州号」を使うこと。 私の予定では、貴重な時間を有効に使うために1日目に新宿から夜行バスで向かい中の湯で下車して焼岳に登り小梨平でテント泊しての予定でしたが家内が「夜行バスで寝て夜明けに登るのは嫌だ」家内は早起きが全く苦手なので1ヶ月前に朝1番のバス…

続きを読む

7月6日 「花の富良野岳」

群馬県からkさんが来た~ 今回は登山もするという事でお付き合いさせていただきました。 登山口集合と言う事で十勝岳温泉の駐車場で待ち合わせ、すでにkさんは来ていた「や~お久しぶりです」毎年会っているからいつも傍にいるような感じの挨拶です。 天候は「快晴です」「少し雲が欲しいね」などと贅沢な会話。 花も沢山咲いていました。 ハクサンチドリ、ハクサンイチゲ、エゾノツガザクラ、ミネ…

続きを読む

利尻山に登りたい…4日目(6月17日)

6月17日 目が覚めると利尻山がちらちら見えたのだが次第にガスが濃くなって見えなくなった。 今日は、帰る日なのでテントを乾かしてからたたみたい 自転車に乗って、フェリーの時間を確かめに行って時刻表をもらい時間がかなり有るので其のまま海岸を走りウニ漁をしている様子を見て歩く。。 少し先に行くと姫沼への道があるので右折して驚いた。 勾配14%は私にとって未知の世界、慌ててギヤを切り替え…

続きを読む

利尻山に登りたい…3日目(6月16日)

前日、キャンプ場の宿泊の手続きをして「明日の朝は早めで5時出発ですね」と言うと「遅いですよ、皆さん4時出発ですよと言われ4時出発にする。 しかし翌日目が覚めたのは4時10分前。 寝る前に作っておいた昼ご飯を食べながら昼食を作る。 やがてツアーの人達が着いて準備運動をして4時10分に出発して言った。 私はと云うと、4時30分出発この日の登山2番手だった。 3合目で追いついたが自分…

続きを読む

利尻山に登りたい…2日目(6月15日)

霧でベタベタに濡れたテントを車に積み込み初山別村を出発。 稚内発10時50分のフェリーに乗るので急ぐこともない、途中金浦原生花園・サロベツ原生花園に立ち寄る。 海岸線を稚内に向かって走るが、利尻山は一向に姿を現さない。 稚内に着いてエリーに乗ってもまだ見えない。 出発して1時間位経って行く手を見ると霞んではいるが利尻山が見えている…何年ぶりに見るかな~利尻島に近づくにつれて大きくはっ…

続きを読む

利尻山に登りたい…1日目(6月14日)

陽が長くなると、暗くなってから家の中に入り食事をすると云う原始的な生活が我が家のリズムで食事が終わると就寝時間。 かなりストレスがたまってきたので旅に出ることにする…と言えば大げさですが嘘でもない。 最初の計画では、前の週の月曜日に出発の予定だったが毎日のように雨の予報で1週間遅らせた。 早めの夕食を済ませて家を出るが、利尻に向かうフェリーは翌日になるので行ける所まで行ってテントに泊ま…

続きを読む