レザークラフト ナイフケース

釣り用に使うナイフケースの制作。
型紙は実物に、1.6㎜の革を添わせてトレースしました。
画像

写真を撮り忘れたので画像はありませんが刃物で縫い糸が切断されないように外側と内側の中間に2mm厚の床革を刃物が入るように切り取ったものを挟んで3層になっています。
合計6mmを手縫いするのはほぼ無理なので床革に張り付ける2枚の革を縫い目になる部分6mm程を薄く漉きました。
画像
切れ味が悪くなってくると、仕上がりに影響するので「青砥」を塗った床革で手入れします。
これだけで、かなりきれいな仕事ができます。
画像
画像
画像
画像
初めて作るものは、どこかここか失敗があるものです。
ここまでするのにも注意しなければならないことを、頭に入れていたはずですが、やはりミスはあるものです。
画像

感じよく収まりましたが、ナイフの柄に合わせて革を成形したのですが注意しなければならない部分で革が伸びすぎて皴になってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック