ソーラーパネルで充電実験

太陽が出て無くてもソーラーパネルで充電できるの?

画像


いつの日からか、太陽を見ていない・・・たまに雲を通してボーっと見えたのも(テストした日は厚い雲に覆われてとても暗かった)ほんのひと時でこのようなとんでもない日のテストになりました。

ショットキーダイオードが手元に無く、分解したソーラーガーデンライトを利用して充電しました。

下の図は「水魚堂」さんが作成したフリーソフト「BSch3V」で作成。
ファイルの保存は、後日修正を考えて「CE3」で保存さらに画像として「BMP」で保存しました。私のブログに貼り付けるには「BMP」では受け付けてくれないのでWindowsのアクセサリーのペイントで「JPG」に変換しました。

画像


実験は、ソーラーパネル2枚並列、ニッカドバッテリーは2本直列で2組充電します。

9:00 充電開始。
     測定値はバッテリー端子部分

     電圧  2.55V
     電流  17.3mA

14:00 余りにも暗いので、充電をやめる。

     電圧  2.66V
     電流  3.50mA

充電が終わって、ニッカドの電圧を計測した結果。

     1本の電圧      各1.29V
     直列2本2組の電圧 2.60V

画像


充電したニッカドバッテリーは、ダイソーで買ってきたLED点滅ライト2個(8LED)を点灯して何時間持つのかテスト。

今回は、3時間放電で赤とグリーンのLEDのうちグリーンがかなり暗くなったので電圧を測ったら2.64Vだったのが2.14Vになっていました。
暗くなった原因の一部は気温が下がったためのようでその後室内で5時間以上点灯していました。

結果

単結晶ソーラーパネル(オークションの説明では)は曇っていても電流が多く取れるように(並列接続で)すれば使えそう。

次回は、12V鉛電池の充電に挑戦・・・できるかな?
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック