ソーラーパネル性能テスト

身の回りに、ソーラーパネルを利用した製品がいろいろあるが果たしてどこまで使えるのかと以前から気になっていたのでテストしてみることにしました。

当面の目的は、ニッカド電池に充電して夜間LEDを点灯すること。
それならガーデンライトが安く売っているという事になるが冬になると日照時間がとても少なくまして曇りの日には1.2時間分しか充電できない。

そこで少し大きいサイズならどれくらい使えるかのテストです。

画像


ソーラーパネルは、1300円のパネルを2枚ヤフーオークションで買いました。
ソーラーパネルの規格は図面上に記してあります。

画像


テストは赤熱電球の下で行いました。

図はありませんが1枚での測定結果から。

 開放電圧   11.97V
 ショート電流 1.82mA

以上、ソーラーパネルのみのテストです。

次は、ニッカド電池を接続してのテストになります。

ソーラーパネル2枚直列にて測定。

 開放電圧   24.3V
 ショート電流 2.07mA

画像


ソーラーパネル2枚並列にて測定。

 開放電圧   12.2V
 ショート電流 4.16mA
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック