<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 上高地へ6泊7日の旅 2015.7.24  徳澤から涸沢まで

<<   作成日時 : 2015/12/05 22:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

雨も小降りになり、雨で重くなったテントをたたみ8時過ぎに出発。
梓川沿いに車も走るのかな…広い道路を歩き始める。

ガスがかかっていて穂高の山々は見えないが、雨で増水したであろう梓川の流れは澄んでいて同じ目標に向かう人も多く不満足な要因は全くない。
様々な花はあるが、よく分からないので花の名前は省略。
画像
画像
画像

徳澤ヒュッテから約1時間で、横尾に到着すっかり雨も上がり(雨具は途中で脱いだ)天場も横尾の避難小屋も登山者でにぎわっていて、いよいよ涸沢が近いぞ〜
画像

画像

多くの人が利用するからでしょうね〜施設の立派なこと。
普通の田舎とは比べ物にならないほど何もかもが素晴らしくもあり活気もある。

写真を撮ったりフェイスブックに近況をアップしたり、その場の雰囲気を楽しんだあと「横尾大橋」から涸沢に向かって歩き出す。
歩き始めて、1時間くらいのところで携帯電話が鳴り響く。

遊びに行っているからと、伝えてあったのに緊急でもない普通の電話がかかってくる。
少しづつ青空が増えてきたときに、本谷橋という吊橋の先で昼食しているたくさんの人達が楽しそう。
画像
画像
画像
画像

本谷橋のたもとで昼食を取り(徳澤で作ってきたアルファー米の弁当)夢いっぱい抱えて涸沢に向かう。
この辺りまで来ると荷物の重みが体にこたえる。
互いに抜きつ抜かれつ譲り合って…足元は雪があるのにとても暑い。
「それにしても遠いなー」あそこの先かなと何度も思いながら残雪の上を歩く。
画像
画像
画像
抜きつ抜かれつの顔なじみさんと「やっと着いた〜」
画像
画像

横尾から4時間あまり天場は一面残雪…受付をしながら「まさか雪の上で寝るのか」と思いながらとりあえずテントを張る場所探し。
抜きつ抜かれつの3人衆より少し早く着いたので雪の上ではない割と、石の少ない場所を確保して涸沢ヒュッテの売店で「おでん」と生ビールを買って乾杯。手前が、我が家のテント。
画像

石で背中は痛いが極楽極楽、明日も良い日でありますように。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上高地へ6泊7日の旅 2015.7.24  徳澤から涸沢まで <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる