<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 利尻山に登りたい…3日目(6月16日)

<<   作成日時 : 2015/06/28 09:03   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

前日、キャンプ場の宿泊の手続きをして「明日の朝は早めで5時出発ですね」と言うと「遅いですよ、皆さん4時出発ですよと言われ4時出発にする。

しかし翌日目が覚めたのは4時10分前。
寝る前に作っておいた昼ご飯を食べながら昼食を作る。

やがてツアーの人達が着いて準備運動をして4時10分に出発して言った。
私はと云うと、4時30分出発この日の登山2番手だった。
3合目で追いついたが自分のペースを作るのに先を譲られたがひたすら後を付いて行く。

7合目、胸突き8丁ここまで来るとツアーの人達はずいぶん遅れて…と言っても30分くらいの差かな?
画像


8合目長官山、キャンプ場で頂いた登山ガイドによるとここまで4時間で着かなかった人は引き返しましょうとあった。
私は3時間10分で来たので先に進むことにする。
画像

8号目から少し下ると、避難小屋があるが旭岳の避難小屋と違い「緊急避難以外は使用できない」等のような事は書いていない。
画像
7合目の胸突き8丁からずーっと続く厳しい登りやっと9号目だ。
ここまでのことを考えると山頂らしき岩が見えるが油断は禁物がっかりするからね。

画像
もうここまで来るともはやガイドブックの時間では登れそうもないと弱気になる。
ツアーのガイドの人は「12時間かかりますから」と出発の時に言っていたがそんなような気がしてきた。
ハクサンイチゲが優しく咲いていた。
画像
歩きにくいガレ場進んでゆくと土砂が流されて深くえぐれた登山道に雪が残っている。
アイゼンが必要と云うほどでもないが雪の上に積もった火山灰とか石ころが滑るので距離は短いものの慎重に歩く。
画像
画像
画像
下山も楽ではなかった砂礫に足を取られて思うようにスピードを上げられない。結局10時間半かかってしまった。
「北海道夏山ガイド」では上級者向けとなっているが往復7時間50分です。
画像
結局礼文島行きのフェリーには間に会わず北麓野営場から利尻島ファミリーキャンプ場に移動する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
利尻岳、私は登ったことないので興味深く読んでます。
いつか登りたい山候補ですが、いかんせん遠い…
北海道時代に登ればよかったと利尻の記事見るたびに思ってしまいます。
中々厳しい山ですね。標高差約2,800m、往復10時間…
お疲れ様でした。
kyou
2015/06/29 11:39
3合目が標高270mでキャンプ場は少し下るので標高差は1500m程でしょうか?
kyouさんでしたら5時間ほどで下山するのでしょうね。

今回私は、毎日日曜なので週間天気予報を見て晴れの予報が多い1週間後に予定を変更し島に3泊しても良いように準備をして行きました。

遠くから来るには、簡単に予定も変更が出来ないので運でしょうね。

本州から来た人が殆どでした。ぜひ来てください。
shinnosuke
2015/06/29 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
利尻山に登りたい…3日目(6月16日)  <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる