<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 快晴!!!今日こそは旭岳

<<   作成日時 : 2015/02/05 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

3日朝、朝刊を見ていたら天気予報は快晴「今日は大丈夫だろう」と急いで山の支度。
ロープウエーは9時からの運行だし終点姿見駅から頂上までは2時間あれば大丈夫と言う事で一人で出かける。
ロープウエーの旭岳温泉駅に着いたのは9時を少し過ぎていたが前回と違い車が極端に少ない。

平日だからこれが普通だよな…
アイゼン、ピッケル、スノーシューをザックに固定して乗車口に行くと凄い人だかり「ホテルに泊まっている人が多いのだな」…見送って次の乗車を待つ。

「こんにちは〜」ガイドの○木さんがお客さんと来ていて「風が強いですよ!」と聞いたがこんなに天気が良いのだから頂上までは楽勝だー

今回もロープウエーの乗客はほとんど外国から来た人たち。
数少ない、同年代の男性と話をしながら…昨日まで3日ほど強風でロープウエーも運休だったとか。
「でも今日は青空で最高ですね〜」とかなり前の方を歩いている5.6人の人の後を追う、その手前に4人ほどいて「良い天気ですね〜」と話しながら避難小屋に向かう。
画像
画像
最近強風ばかりで、雪も吹き飛んでしまい雪面はカリカリと音を立てている。
小屋に着いてから振り返ると先程の人はカメラのシャッターを切っていた。
一人で山頂に向かうが、やはり雪が少なく所々柵とか登山道のロープを張る鉄杭が出ている。300m程先の方で腰を下ろしている5.6名の人が結構長く休憩しているようだ。

しかしその辺りに着く前に腰を下ろしている意味が分かった。とんでもない風である。
私もその少し手前の小いさな岩の陰で、えらく手間取りながらアイゼンを付ける。ピッケルも出してみるが雪は浅いし表面の氷がとても硬くて…

この風と氷の上では…普通はピッケルなのだろうが殆ど刺さらないのではどうにもならない。風もいくらか弱い雪の付いている斜面に移動して「金庫岩」が近くに見えてきたけれど風に向かって上らなければ行くことは出来ない。

岩にしがみついて、登ってきた方向を見ていると先程一緒に登ってきた人がかなり下の方で足を滑らせて転がっている。

此処までにしようと写真を撮って降りることにした。
画像

画像
画像
画像
凍ってザラザラの雪の粉が舞っている、沢の方にある雲が立ち上がって空の青さに反して恐怖を体感する。
幸い周りの景色は見えるので風を避けるために噴火口の方から離れた斜面を歩いて避難小屋周辺でシャッターを切る。
画像
画像
登りはロープウエーだったが下りは登山道側から少しコースを外れて下りて行く。風に舞う雪に太陽の光が反射してまるで蛍の様に光っている。
画像
今回もピークには立てなかった。先の方を歩いていた5.6人の人達は外国からの人達だったようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
金庫岩まで行けたらもう少しだったんでしょうが…
安全第一ですよね。
写真見ただけで極寒を感じます。
kyou
2015/02/06 20:14
金庫岩まで行けたら山頂は近いのですが天気が良ければまた挑戦できるかと引き返しました。ちなみに今日は旭岳の噴煙は空に向かって真っすぐ登っていました。

何度目になるかな近いうちに再挑戦です。
shinnosuke
2015/02/06 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
快晴!!!今日こそは旭岳 <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる