<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニセイカウシュッペ山」は冬の装い 2014年10月12日

<<   作成日時 : 2014/10/14 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

朝4時に起きて、ニセイカウシュッペ山に行ってきました。数日前に、十勝岳に登るつもりで下見に行ってきたのですが急きょ予定変更.…「ヒラタケが採れるかも」。

駐車場には、3台の車が来ていて2台の車の人は登山の準備をしていた。
空気が冷たくて、Tシャツの上にフリースとウィンドブレーカーを着て出発。登り始めは凍った土の上に落ち葉が赤いじゅうたんのように敷き詰められて気持ちが良い。
画像


やがてドロドロの道になり1時間後にはすっかり雪道になった。
画像


1500m付近に来ると右側に表大雪の白い山がくっきりと見える。何度も登っているが多分今までで一番よく見えたのではないかと思う。
画像


大槍に向かう北斜面の登山道は、樹氷で重たくなったハイマツや小灌木が登山道に垂れ下がり姿勢を低くしてもザックと頭の間に挟まって前に進むのに一苦労する。

「小槍と樹氷」がきれいだが天気が良いので帰りには殆んど落ちてしまいそう。
画像


北斜面の登山道は細くて急、足元には雪を被った笹が谷底に向かって寝ている…「滑り落ちると大変だ」。「大槍のトラバース」
画像


雪の下は凍っていなかったので滑る事は無かったが、足下を確認するストックは正解だった。今回は見るだけの、吊り尾根「通称アンギラス」
画像


アンギラスへの踏み跡がある辺りでヘルメットにピッケルを装備した男性とすれ違う。
山頂までは吹き溜まりで20センチ余りの雪と吹きさらしで一部凍っている雪面もあったが気にする程ではなかった。写真を撮りながら10時35分にピーク。

360度の展望だが風があって寒いせいか皆さん、写真を撮るとさっさと下りてゆく。
画像
画像


我が家は、ピークから少し下ったあまり風の当たらないところでお湯を沸かしてカップラーメンとおにぎりでゆったりと昼食。
画像


帰りは、登山道を覆っていた樹氷で固まったハイマツや、ウラジロナナカマドも樹氷を落とし快適に下り始めたが、足下の雪も解けだして登山道は泥んこ。

落ち葉の上を歩いても、スキーをはいているように良く滑る。何度も転びそうになった。

今日は台風の影響で、標高の高い峠はすっかり冬化粧「積雪のため通行止め」とニュースが流れている。もう完全に冬山ですね。

ハイマツの間の登山道は完全に歩けないでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、もう雪山の世界ですね
今の時期、木々の緑や山肌もほどほどにあって景色に変化のある時期ですねえ。今年初の樹氷見せていただきました。綺麗!
アンギュラス…登降欲をそそる景観ですね。
kyou
2014/10/14 19:45
感動の登山でした。これから来年春まで冬の山を楽しむことになります。
体を鍛えなくては(^^)v

この季節になると、いつも思うのですが健脚者ばかりで追いつき追い抜くという事は全く無いので最後の人にならないように歩くだけでそれも気持ちが良いです。
shinnosuke
2014/10/14 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ニセイカウシュッペ山」は冬の装い 2014年10月12日 <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる