<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭岳温泉迄サイクリング

<<   作成日時 : 2014/07/05 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

6月最終の日曜日は天気もよく大雪山もくっきり見えている。
自宅近くの公園を8時50分に出発、今の季節だともう2時間早く出なければ暑さが厳しいなと思いながら…1時間程走ると東川だ、暑いが目に優しい緑の風景が心地よい。
画像

40分程で忠別ダム展望台。
画像
画像

11時に旭岳温泉と天人峽温泉分岐に着くが少し戻って「大雪旭岳源水」といってとても立派な公園で水筒に水を補充する。
広い駐車場と同時に六箇所で水を汲めるので4Lの焼酎のペットボトルや水専用の10Lのタンクなどで一人数十リットルを車に積んで帰る。
自転車を押して公園に入ると管理人の人が「自転車はあっち」車椅子用駐車場の前の舗装の所に置と言われる。台車で水を運んでいる人も傍を通るので公園を外れた草むらに置いたら「そんなのもありか…」のようなことを言って苦笑していたがトイレのところに自転車を立てかけている人もいるのに私への扱いは??

ちょうどトイレの所は日陰になっていて快適、その自転車の持ち主と話をすると私の家の近くから来ていてこれから温泉に向かって登るという、ヒルクライムの大会にも出ると言って先に出発した。
その人に「1時間で登りたいけれど…ゆっくり登ります」と言って1時間分の水分を腹に収めて11時29分出発。
画像
画像
画像

しかし1時間で温泉に着くというのはそれから数分で無理だと思った。直線から左カーブを曲がると急にスピードが落ちだしやがて10kmh前後になりさらに30分くらい経つと9kmhになった。
温泉迄12kmあるので早くも1時間は諦めたが足だけは着かずに登ろう。GPSの地図を見ながら「もうすぐ温泉だ頑張れ」と自分を励ましていたらトイレの所で話していた男性が手を振って下っていった。喉も乾いてきた…駒止の滝の標識のある所はもう温泉ホテルがあるからそこで足をつこうかなと思って最後の力を振り絞るように腰ポケットからカメラを取り出し写真を2枚ばかり取る。この時12時37分だったから既に8分オーバー。
画像

ここまで来ると間も無くロープウエー駅と思ったがクルマで走ると直ぐなのに気が遠くなるほど遠く感じた。
結局17分オーバーして12時46分に着いた。駅入口を見ると自転車2台の後ろで縁石に腰を下ろして話をしている2人に仲間入り会話したり食事を摂ったり中年男性は東京から単身赴任で旭川に来て2年目今年は山スキーもすると張り切っていた。
十勝岳ヒルクライムにも出るし、楽しいことばかり「定年になったら旭川に移住したい」と元気に言って下っていった。
画像

1時間程遊んで寒くなってきたので私も下ることにした。帰りはペダルをこぐことはないがブレーキレバーを握りっぱなしでこれも結構疲れる。
先ほどの公園でもう一度水を補給して帰ろうと入口の草むらのに自転車を倒したら、何が何でも公園の奥の2輪車・自転車と書いた標識の下の地面に置けときつく言われる。
トイレには行きにくいな(´Д` )水だけ補給。
画像
画像

東川の街に入り、山を越えて隣の東旭川へ行く。そこには友人の畑があるので様子を見てくるかと行って見たのだが来てなかった。
旭山動物園の横を通り旭川に向かうと園芸店があってこの間から気になっていた「ハスカップ」の苗を見つける。
自宅まで数kmなので1本買う(2本欲しかったのだが無かった)。
下る途中ロープウエー駅で話していた20代の真っ黒に日焼けした青年に公園の先で追い越されてあっという間に見えなくなった。
画像
画像

もう一度挑戦したら少し時間短縮できるかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すっかり坂の魅力に虜になってしまったようですね。
旭岳方面に走るのは気持ちよさそう。
距離も100km超え、標高差も1,000m超えっていうのは
頑張りましたねえ。
次の大会が待ち遠しいことと思います。
kyou
2014/07/06 17:26
今までで一番長い距離を登りました。12kmと言うのは思っていた以上にきつかったですが登り切った達成感は最高ですね。
「美瑛センチュリーライド」今年も目標スピード25km/hで楽しみます。
shinnosuke
2014/07/09 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
旭岳温泉迄サイクリング <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる