<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 「中愛別山」昨年のリベンジ

<<   作成日時 : 2014/03/18 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年は、山頂に一番近くまで行ける林道を辿っていったのですがスノーシューではとても登れそうもない急斜面に圧倒されて撤退。

今回は、1昨年降雪前に確認した林道から挑戦。
画像
画像

広く除雪された町道に車を止めてスノーシューで出発。左側にもみ殻の貯蔵施設右側の山の斜面にはお墓があります。
もみ殻の貯蔵をする立派な施設の横を通り抜けるとスノーシューかスキーのトレースがあるが昨日あたりかな?少し雪に埋もれている。
10分余り歩くとそのトレースは右側の沢に降りてしばらく林道に沿って残っていたが沢から離れてしまったのでその後の行き先はわからない。
画像
画像
車で来た時には進入できなかったが雪に埋まっているゲート。この先も細くはなるが林道らしきものがしばらく続く沢沿いを歩くと右上に林道らしきもの見えたのでそちらに向かって直登、よく見ると林道らしいが吹き溜まりなどがあって見分けるのが大変。(この林道らしきもの、帰りに辿ってゆくと尾根の反対側に降りているようでした)
画像
硬い雪面の上に20センチ余り積もった雪は滑りやすく、またスノーシューに張り付いた雪は重たくて疲れる。
中愛別山迄800m位までになった辺りからさらに作業道らしきものを進むと中愛別山からどんどん離れて1100m…山頂らしきものは見えないし。
ここで地図とコンパス、幸い暖かいのでゆっくり確認できた。
画像
画像
低山とはいえ初めての山なので勉強のためにも慎重に。
画像

画像
画像
山頂手前200m位の所で人発見…その人たちの誰かも「人が歩いている!!」と言っている。スノーモービルの人達でした。
山頂は遠くから見るより、山頂らしく周りもよく見えて中々良い山だ。
以前から気になっていた旭川から見える富士山ポイ山も見えた。左から前天塩岳と天塩岳のようだ。

下りで、ネコヤナギ発見。
画像

距離は10km余り平均20センチ程しか埋まらなかったのだが雪は重たく靴とスノーシューの間に厚く積もる雪で歩きにくくとても疲れた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「中愛別山」昨年のリベンジ <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる