<big>山の向こうに</big>

アクセスカウンタ

zoom RSS 富良野岳 原始ケ原コース 2003年7月24日

<<   作成日時 : 2011/07/26 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

朝3時に起きて、途中で食料調達登山を開始したのは6時20分。
予定では、滝コースだったが橋が壊れているため通行禁止で林間コースを登る。
人気が無いのか我が家の前に登っている人は2人だけ、最初から長いコースは覚悟しているので時間はさほど気にならない。
しばらく歩くと、待ちに待った湿原に到着。
天気は最高、富良野岳は何処??
家内は正面に見える、かなり潅木の多い山を指差す。
少し進むと左手に紛れも無い富良野岳が見えた。
湿原にはトキソウ、モウセンゴケ、ヒメシャクナゲ等が咲いており誘われるままに歩いていると目前に「五反沼」の標識が、いつの間にか分岐を見過ごしていた。
地図の上では20分の戻りだが、家内の歩くのが早いこと。
富良野岳と書いてある標識の右側が草で覆われていたため分岐の矢印が見えなかった。
その前に立つと、富良野岳が正面に見えるため「富良野岳ですよ〜」と書いてあるのかと勘違いしてしまった。
天気が良いのにかすかに残る踏みあとを頼りに歩く。
このコースは、地図、コンパスは必須。目印のテープも新しいのに付け替えては来たが自分の帰りのための紙製の解けるものなのでそう長くは持たないだろう。
途中で熊の足跡発見、余り珍しいことではないが登山者が殆どいないので余り気持ちが良くない。
写真を撮りながら、コースを間違えたのを含めて5時間半ほどで富良野岳山頂に着きました。
画像
画像

画像画像









画像
画像









入山届けの用紙には通常の住所氏名などのほかに、地図・コンパス・GPS・ツエルト・予備食・薬品・雨具などの装備のチェック項目があった。
私のザックは、それプラス水2リットルデジタル一眼レフカメラと交換レンズ。
日帰り登山には見えないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富良野岳 原始ケ原コース 2003年7月24日 <big>山の向こうに</big>/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる